2014.06.26

こむら返りとは?

こむら返りとはふくらはぎの筋肉(腓腹筋)が急激に収縮することによって足がつった状態になることで、激しい痛みを伴う症状です。こむら返りという症状は、ふくらはぎだけでなく、あしくびや太もも、土踏まず、指、首、肩など、いろいろなところの筋肉でも起こるのですが、ふくらはぎで起こるケースがもっとも多い症状です。

高齢化とともに起こりやすくなり、また男性よりも女性のほうが起こりやすいという特長があります。

こむら返りは大きく2つのパターンに分けることができます。

①水泳や野球、サッカー、テニスなどのスポーツをしている 時や買い物や犬の散歩、家事をしているとき、通勤などの日常生活

②就寝中

両方ともこむら返りが起こったときの症状にはそれほどの違いはありませんが、スポーツをしている時や日常生活中に起こるものは、一過性で、症状が治まってしまえば、何事もなかったように元の状態に戻ることが多いのですが、就寝中に起こるものは、一度起こると繰り返し起こりやすくなり傾向がありますので注意が必要です。

肩こり腰痛などの痛みにお困りの方は当院へご連絡下さい
〒367-0052
埼玉県本庄市銀座3-3-22
℡0495-23-1477
なかむら接骨院
本庄市内で往診対応・本庄市で送迎相談いたします
首・膝・肩コリ・腰痛・スポーツ傷害なんでもご相談下さい

こむら返りというのは多くの人が一度は経験をしている症状です。痛みは人によって違いますし、足がつる状況や頻度なども人によってかなり差があるのですが、しかしこむら返りという症状を一度も経験しなかったという人の方が少なく、どこかで一度は経験をしている症状だと思います。

若い時に経験した方はさほど気にも留めずに「またか」と思うだけのようですが、大人になって経験した方や足をつる頻度がやたらと多くなった方は病気との関係を疑うようです。

こむら返りと病気との関係はほとんどないと言ってもいいでしょう。しかし全く無関係ということもなく、病気によっては足がつるという症状を多発させることがあるということもわかっています。

こむら返りを引き起こす可能性のある病気としては例えば内臓系の疾患が考えられます。肝硬変などの肝臓病や、腎不全などを起こしている場合、そしてこれによって透析などを行っている場合に足をよくつるという症状が現れるようです。

甲状腺の病気を患っている方もよく足がつるという場合があるようなので疑わなければならない病気のひとつになります。甲状腺の機能が低下していたりバセドウ病などの場合があるので可能性として知っておきましょう。

こむら返りは神経の伝達ミスによって起こることがある症状です。神経系になんらかの病気がある方は足をよくつってしまうかもしれません。

他にも糖尿病が原因で足がつってしまうこともあるようですし、筋肉そのものに何か疾患があるという可能性も否定はできません。

足がつる、つまりこむら返りの症状は寝ている時に起こる人が多いのではないでしょうか。激しいスポーツをしている方はその運動の最中に足がつってしまった経験がある人もいるかもしれませんが、多くの人は恐らく寝ている間にこむら返りを経験することになるでしょう。

成長期、激しい運動をしている人、妊婦さん、足の筋肉が弱っている人などなど、あらゆる人に起こる可能性があるこむら返り。寝ている時というのは足が完全に伸び切っている状態です。運動中であってもふくらはぎが伸びる瞬間に足がつるもので、睡眠中というのは常にこのような状態に足があると言えるのです。つまり、いつつってもおかしくない状態で寝ているということなんです。

寝返りをうったりすることでこのふくらはぎが伸びている状態が解消される、もしくは筋肉に誤作動が起きず足がつらないというのが通常の状態なのですが、何かが狂ってしまった時にこむら返りというのは起こります。

これは全く予期できないことであり、毎日この症状に悩まされて眠れないという方も多くいるので、そうならないためにもしっかりとした予防策をとっておくことが必要となるでしょう。

観光などでたくさん歩いたり、営業職の人が外を歩き回ったりなどもかなり足に負担をかけています。激しい運動だけではなく、とにかく足を使ったと実感した場合はストレッチなどを意識的に行い、そしてスポーツドリンクなどで水分と共に塩分やミネラルの摂取も忘れないようにしましょう。

これで大分寝ている時のこむら返りを防ぐことができるはずです。

肩こり腰痛などの痛みにお困りの方は当院へご連絡下さい
〒367-0052
埼玉県本庄市銀座3-3-22
℡0495-23-1477
なかむら接骨院
本庄市内で往診対応・本庄市で送迎相談いたします
首・膝・肩コリ・腰痛・スポーツ傷害なんでもご相談下さい

これでも寝ている時に足がつってしまうという方は漢方を飲んだり寝る時にテーピングなどをして予防するという方法もあります。

妊娠中に足がつる、こむら返りを起こすという話をよく聞きますが、妊娠中でも妊娠後期によくみられます。それはなぜでしょうか?

妊娠後期(妊娠8ヶ月ぐらい)に入ると、成長した胎児によって妊婦の骨盤は内側から押し広げられて、骨盤のゆるみが生じます。骨盤のゆるみが生じると、足の筋肉は引き伸ばされる状態が続きます。この状態に対して、ふくらはぎの筋肉は元に戻ろうと急激に収縮するのでこむら返りが起きるのです。つまり骨盤のゆるみが原因と考えられます

対策としては、骨盤を適度に閉めるのが効果的です。妊婦も骨盤を調整することと、適切にお腹を支える腹帯が良いそうです。

また妊婦さんは、お腹がだんだん大きくなってきて、お腹が前に突き出た姿勢になるために、腹筋や背筋とともに足の筋肉の使い方も今までと変わってきます。さらに体重も増加しますので、足への負担が増すうえ、下肢への血液の循環も悪くなることも原因として考えられると言われています。

ほかにも妊婦さんは、お腹の赤ちゃんに栄養を送っているため、マグネシウム、カルシウムなどの栄養不足になりがちなのも原因の一つと考えられてます。

しっかりとこれらの栄養素を補給するようにしましょう!

こむら返りというのは大人はもちろん子供でもなり得る症状です。子供というのは常に身体が成長し続けています。こむら返りが起こる箇所、つまり筋肉も常に成長し続けているのでその成長の過程で頻繁に足がつるということがあるのです。特に筋肉質の子供に多い症状なのかもしれません。筋肉の成長が著しいために起こってしまう当たり前の症状として認識しておく必要があるでしょう。

子供の足がつるという症状が病気と関連していることはかなり可能性が低いと言ってもいいでしょう。大人でも耐え難い苦痛を伴うこむら返りですから、小さな子にとってはかなり痛いと感じると思います。その様子を見ている親はかなり心配になるでしょうが、足がつった部分を触ると筋肉が硬くなっているのですぐにこむら返りと判断できるはずです。

もしこむら返りだけで身体の他の部分に特に目立った症状が出ていなければ成長の一種として捉えることができ、過剰に心配する必要はないでしょう。

親御さんは「足がつる」という症状を子供に教えておくことが必要なのかもしれません。もし足がつってしまったらその対処法も同時に教え、心配がない症状だということを伝えることが大切になってきます。

と同時に足をつりにくくする為に食事の栄養バランスを整えたり、普段からストレッチなどを行わせるなどの予防法も実践することが求められるでしょう。

成長期の子供にも非常に多く現れるこむら返りですから心配することはありませんが、症状を軽くしたり頻度を少なくしたりなどは努力によってできることなので、親御さんはそのことに気を遣って生活をしてみてはどうでしょうか。

肩こり腰痛などの痛みにお困りの方は当院へご連絡下さい
〒367-0052
埼玉県本庄市銀座3-3-22
℡0495-23-1477
なかむら接骨院
本庄市内で往診対応・本庄市で送迎相談いたします
首・膝・肩コリ・腰痛・スポーツ傷害なんでもご相談下さい

 

私たちが手で物を握ったり足を上げて歩いたり走ったりできるのは、筋肉を脳からの信号で収縮させ、その筋肉が収縮する力でそれぞれの骨を動かすことによって、自由に身体を動かすことができるのです。つまり脳からの信号で正常に筋肉が収縮することによって、自由に身体を動かすことができるのです。ところがここで筋肉の異常収縮が起こった状態になることが、こむら返りです。

ではなぜ筋肉の異常収縮が起こるのでしょうか。

人の体の細胞内にはカリウムイオンが、また血液中にはナトリウムイオンが多く含まれているが、筋肉が収縮する時にはそれぞれ細胞外、細胞内へと移動します。スポーツなどで多量の汗をかいたときは電解質(カリウムやナトリウムなど)のバランスが崩れ、この移動がうまくいかず筋肉の異常収縮が起きるのです。

筋肉の異常収縮はスポーツをしている時以外でも普段の日常生活の中でも起こります。特に以下の原因が関係していると思われます。

筋肉の疲労

運動不足

水分不足及び体液中の電解質の異常

また一過性ではなく、頻繁に繰り返し起こる場合には

椎間板ヘルニア、糖尿病、動脈硬化、甲状腺異常などの疾病

降圧剤、抗高脂血症剤、ホルモン剤などによる副作用

妊娠中

などが考えられます。

足がつる原因のひとつとしてよく話題に上がるのがミネラル不足です。ミネラルは人が身体を作り上げるためには欠かせない栄養素であり、五大栄養素のひとつとして知られています。

ミネラルと一言で言っても種類は非常に多く、有名なところだとカルシウム、鉄、ナトリウム、マグネシウム、亜鉛などがあります。

足がつるという症状を引き起こすのはこの中でもカルシウムとマグネシウム不足だと言われているので、足がつる症状が頻繁に現れる方はこれらの栄養素を積極的に摂取しカルシウム・マグネシウム不足を補うことで予防になるかもしれません。

特に妊婦さんはお腹の中の子供にも栄養素が行き渡ってしまうのでカルシウム・マグネシウム不足になりがちだと言われています。より注意して摂取しないとミネラル不足になり足がつる頻度が多くなってしまう可能性があるので気を付けましょう。

運動すると足の筋肉が疲労するので足がつることが多くなると言われていますが、それ以外にも汗として身体の中のミネラル分が出て行ってしまうことが原因となり足がつるという症状が多発すると考えられています。

運動で汗をかいた後は特にマグネシウム不足になりがちなので、ミネラルを意識して取り入れるようにしてみてください。

カルシウムは筋肉に作用したり神経伝達をスムーズにしてくれるという重要な働きを担っているのですが、カルシウムが不足すると当然この働きが滞ってしまいます。

そしてマグネシウム不足に陥るとその大事な働きをするカルシウムの量をしっかりと調節できなくなり筋肉に異常を来すのです。

足をつるという症状はマグネシウム不足をはじめとしたミネラルの不足が引き起こすこともあると覚

足がつる、こむら返りが起こってしまったらどうすればいいのでしょうか?

 

こむら返りというのは自分の意思に反して突然筋肉が収縮する現象ですから、その収縮した筋肉を伸ばしてやればいいのです。

 

その応急処置の仕方を具体的にいくつか紹介します。

 

周囲に人がいる場合は足の裏側から押してもらいます。

 

でも、周りに誰もいない場合は自分でなんとかしなくてはいけません。

 

膝を伸ばして足のつま先をゆっくり顔の方へ曲げるようにして、ふくらはぎの筋肉を伸ばします。収縮した筋肉を伸ばすことで痛みが消えていきます。ただし、あくまでゆっくりと行うようしてください。一気に無理矢理伸ばそうとすると、筋肉を痛めてしまう恐れがあるので、ゆっくりとふくらはぎを伸ばすようにしてください。

 

画像の説明

 

高齢者の方や、身体が硬くて足のつま先に手が届かない場合は、 手ぬぐいかタオルで足先にひっかけてゆっくり伸ばすと簡単に足を伸ばすことができます。

 

 

 

 

画像の説明

 

近くに壁がある場合は、壁に足の裏を押し付けてふくらはぎを伸ばします。

 

 

 

 

立っている時は、つっていない方の足を前に出し重心を前に移します。両手は前に出した足の太ももの上に置き、つった足のかかとは床につけたままにして筋肉を伸ばして下さい。つまりアキレス腱を伸ばすようにすれば良いのです。

 

そしてこむら返りが治まったら、そのまま何もしないで放置しておくのではなく、蒸しタオルなどで暖めてやると、筋肉の回復が早まるだけでなく、こむら返りの再発を予防できることにもなりますので、ぜひ行うようにしてください。

肩こり腰痛などの痛みにお困りの方は当院へご連絡下さい
〒367-0052
埼玉県本庄市銀座3-3-22
℡0495-23-1477
なかむら接骨院
本庄市内で往診対応・本庄市で送迎相談いたします
首・膝・肩コリ・腰痛・スポーツ傷害なんでもご相談下さい

 

こむら返りはまだまだはっきりとした原因がわかっていない部分もあるようですが、しかし予防策というのはある程度確立しています。人によってどのような予防をした方が効果があるのかや、どの程度の予防を行っていなければならないのかなどは異なってきますが、何もやらないままで足がつるという症状に陥ってしまうよりも、予防をしっかりして苦しみを味わわないことを考えた方が有意義と言えるでしょう。

こむら返りの原因にはミネラルなどの栄養分の不足があるとされています。偏った食生活をしているとこむら返りになることも多くなるので、予防のひとつとしてしっかりと栄養素を取り込めるような食事を心がけてください。

カルシウムやマグネシウムなどの摂取はこむら返りの予防には欠かせません。他にもビタミンB群の摂取も必要になってきます。そのことを意識して食生活を見直してみてはどうでしょうか。きっと足がつるという症状が起こる頻度を減らすことができるはずです。

激しく運動をすると足をつるということがありますが、筋肉の疲労がこむら返りを引き起こしているとも言われています。身体に、特にふくらはぎには疲れを溜めないようにしましょう。

運動をする前にはしっかりと準備運動をし、身体を動かしたり長時間歩いた後はクールダウンを行うことでこむら返りを予防することができます。

その際にはしっかりと水分を摂取することも忘れずに行いましょう。

寝る前などに軽くストレッチをして筋肉を伸ばしておくことも有効な予防法になるはずです。

こむら返りの予防法・対策法で非常に有効とされているのがストレッチです。足がつるという症状は筋肉にかなりの疲労が溜まっている場合に起こる可能性が高いです。食事によって栄養素を摂取することも必要なのですが、このストレッチによってかなりこむら返りの出現頻度を抑えることができるのではないでしょうか。

こむら返りが起きる時、ほとんどの人がふくらはぎをつることが多いと思います。ですからこむら返り対策でストレッチをする場合はふくらはぎ、そしてそれと繋がっている筋肉である太ももの筋肉をしっかりと伸ばしてリラックスさせてあげるようにしましょう。

コツとしては勢いよく伸ばすのではなく、ゆっくりと負荷をかけ、その負荷がかかった状態で一定時間(10秒程)保つということを繰り返すようにしてください。

大事なのは時間をかけて負荷を次第に重くし、筋肉を最大限伸ばしてあげることです。

ストレッチは運動前にも必ずするようにしましょう。準備運動もせずにスポーツなどをすると筋肉が驚き余計な負担をかけてしまいます。これはこむら返りの原因にもなるので、運動前と、そして運動後にもクールダウンの意味で筋肉を伸ばす動きを入念に行うようにしましょう。

寝る前にするストレッチもこむら返り対策としては非常に有効です。布団の上で呼吸を落ち着かせながら筋肉を伸ばすことで寝ている間の筋肉の緊張・痙攣を抑えることができるでしょう。

ストレッチと併せてふくらはぎを揉みほぐすようなマッサージも同時に行うとより効果が期待できるのではないでしょうか。

 

足がつる、こむら返りの予防や改善に有効とされる栄養素について紹介しておきます。



カルシウム

カルシウムは筋肉をスムーズに収縮させるさせるために大きな役割をはたしており、これが不足するとこむら返りが起こりやすくなります。こむら返りが起こる原因で筋肉内の電解質のバランスが崩れることがあげられていますが、電解質というのは、簡単に言えば水に溶けるとイオンになる物質のことで、マグネシウムやカリウム、ナトリウムなどとともに、カルシウムもその一つに数えられます

したがってこのカルシウムは大切な栄養素の一つであることがわかります。

なお、同じ電解質のマグネスウムも有効ですが、カルシウムはこのマグネシウムの働きを助けるという作用がありますから、カルシウムとマグネシウムを同時に摂ると、さらに大きな効果が期待せれます。


マグネシウム

マグネシウムもカルシウムと同じように筋肉の働きと大きな関係を持っているミネラルの一つです。カルシウムが筋肉をスムーズに収縮させるさせるために大きな役割をはたしていますが、そのカルシウムの働きを調整しているのがマグネシウムです。したがってマグネシウムが不足すると、筋肉の収縮がスムーズに行われず、こむら返りが起こるのです。

またマグネシウムの不足は狭心症や心筋梗塞などの心臓発作を引き起こす原因にもなります。マグネシウムは筋肉の正常な働きを維持するうえで重要な役割をはたしていますが、それ以外にも正常な血圧を保持したり、動脈硬化を起こすのを防いだりするなどのいろいろなはたらきをしています。

われわれの身体を正常に維持していくうえで、理想とされるカルシウムとマグネシウムのバランスは2:1とされています。カルシウムが過剰になると、マグネシウムの吸収が阻害されるので、この比率を気をつけてマグネシウムを摂取するようにすることが大切です。



ビタミンB1

ビタミンB1は糖質の代謝に関与し、筋肉や脳、中枢神経、末梢神経を正常にはたらかせるうえで不可欠な物質です。筋肉の収縮運動は脳からの司令が正常に行われて、筋肉の収縮が正常に行われます。しかし、こむら返りが起こる時は、脳からの命令に反する命令違反の収縮です。

つまり、命令を出す側の脳も、それを受ける側の筋肉も正常な状態であってこそ、筋肉の収縮運動はスムーズに行われるということになります。したがって、筋肉や脳、中枢神経、末梢神経の正常なはたらきに不可欠なビタミンB1は、こむら返りの予防に大きな意味があります。

 

肩こり腰痛などの痛みにお困りの方は当院へご連絡下さい
〒367-0052
埼玉県本庄市銀座3-3-22
℡0495-23-1477
なかむら接骨院
本庄市内で往診対応・本庄市で送迎相談いたします
首・膝・肩コリ・腰痛・スポーツ傷害なんでもご相談下さい

日常生活で良く起こる「こむら返り」という症状。夜、寝ている時に急にこむら返りが起こって、激痛で眼が覚めたという経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか? こむら返りは、ふくらはぎ部分の筋肉がけいれんを起こす症状で、筋肉の状態に何らかの異常がある時に起こりやすくなります。

夜寝ている時に、こむら返りが起こる原因としては、ストレスが考えられます。精神的なことで身体が反応するなんて…と疑問に感じる人もいるかも知れませんが、人間はストレスを強く感じると、身体の中の血管が萎縮して血行が悪くなります。その結果、血液が十分に身体中に送られなくなるため筋肉が緊張状態となり、こむら返りを起こします。

こむら返りは、あなたの身体がストレスを強く感じていることを、あなたに伝えようとしているサインであると受け取るべきでしょう。この症状を改善するためには、できるだけ規則正しい生活や、十分な睡眠時間を取ることを心がける必要があります。また、全身の血行が良くなるよう、適度な運動も行うと良いでしょう。

深い睡眠を得るためには、適度な運動は、非常に効果的です。運動によって、身体の体温を上げることができると、就寝時に体温が下がりやすくなり、寝付きが良くなります。同様に、就寝前の入浴も効果的です。ただ、疲れるほど長い時間入浴したり、入浴後に身体が冷えるまで起きていたりすると効果がありませんので、注意してください。浴槽でふくらはぎをマッサージすることも効果的です。

「こむら返り」は性別や年齢などに関係なく、どなたにも起こる症状ですが、妊娠中の女性は特に起こりやすくなる傾向があるので注意しましょう。

受精した直後から、女性の身体は劇的に変化します。妊娠した自覚がない時に、すでに身体の中では大きな変化が起こっているのです。妊娠初期に起こる「つわり」はその顕著な症状で、受精卵を「異物」として身体が判断し、それを排除しようとする、いわゆる拒絶反応です。このように妊娠中は、普段とは違う反応がたくさん起こりますので、できだけ快適に過ごすためにも、ある程度、対策を取ると良いでしょう。

こむら返りは、妊娠中期以降に起こりやすくなる症状です。妊娠中はカルシウムが不足しがちになる上、むくみによって特に脚の血行が悪くなります。また妊娠中は、運動不足になる傾向があり、このような状態では、こむら返りが起こりやすくなるのです。

こむら返りがひんぱんに起こるようになったら、カルシウムやカリウムを積極的に補う食生活を心がけると共に、できるだけ軽い運動を毎日行うと良いでしょう。効果的な妊娠中の運動は、ウォーキングやスイミングです。妊娠後期になると身体の全体のバランスが崩れて歩きにくくなりますので、スイミングがお勧めです。水の中では身体が軽く感じますので、快適に運動できるでしょう。妊婦さん向けのアクアビクス(水中で行うエアロビクスダンス)のプログラムを提供しているジムもありますので、参加してみてみましょう。こむら返りの症状が軽くなるはずです。

「こむら返り」は、一般的に夏よりも冬に起こりやすくなります。それは、寒さのために身体が緊張状態になり、血行が悪くなるためです。しかし実は、これに似た状況は、夏場でも起こる可能性があります。それは冷房の使い過ぎによる、下肢の冷えです。

下肢の冷えは、特に寒いオフィスで座りっぱなしの事務職の女性などに起こりやすい傾向があります。オフィスでは、外から帰ってくる人のために、比較的冷房の設定温度を低めにしている傾向がありますが、この温度設定は一日中、オフィスの中にいる人にとっては、少し低過ぎるようです。東日本大震災以降、最近は日本中で節電に注意を払っていますので、この温度設定は若干高めに設定されるようになったようですが、それでも、ずっとオフィスで座ったままでは、やはり血行が悪くなり、脚が冷えてしまいます。このような状態が続くと、こむら返りが起こりやすくなりますので、注意が必要です。

こむら返りは、血行が悪くなり脚が冷えると起こるリスクが高まります。こむら返りを起さないためには、足元を冷やさないように、ヒザ掛けを掛けたりムートンブーツを履いたりすると良いでしょう。天然の羊の革を使用して作られているムートンブーツは、湿気を外に逃がし中の温度を一定に保つ作用がありますので、夏場でも蒸れずに快適に足元を守ってくれます。スリッパではなく、踵から足首までの短い丈の物がお勧めです。足元が温かいと身体全体の血行が良くなり、こむら返りの症状は改善されるでしょう。

人間の身体の大部分は水分でできています。これを「体液(たいえき)」と言います。汗をかいてこの体液の電解質のバランスが崩れると、こむら返りが起こりやすくなります。

電解質(でんかいしつ)とは、水などに溶けている状態で電離して、陽(プラス)と陰(マイナス)のイオンに分解され、その溶液自体が電気を帯びた状態になる物質のことです。身体の中の体液は、この電解質の性質を利用して循環しています。そのため、電解質のバランスが崩れると、体液の循環が上手く行われなくなり、血行不良などの不快症状が起こります。その結果、筋肉の動きが悪くなり、こむら返りが起こりやすくなるというわけです。

こむら返りとは、筋肉が緊張状態になって起こる「けいれん」ですから、筋肉が良い状態を保っていれば、こむら返りはあまり起こりません。ですから、こむら返りを起さないようにするためには、血液などの体液の循環を良くする必要があるのです。ここで、注目すべきなのが「電解質」です。

暑い時や運動して汗をかいた時に、水分を補給しようと考えるのは、非常に有用です。しかし、汗と共に身体の中の電解質も一緒に体外に出てしまうため、水だけを飲むと血液が薄くなり、こむら返りや全身のけいれんが起こりやすくなります。この症状を抑えるためには、電解質を含んだ飲み物を飲む必要があります。効果的なのは、少量の砂糖や塩を含んだ「経口補水液」と呼ばれるものです。体液に近い成分のため吸収が早く、崩れた電解質のバランスを迅速に適切な状態に戻すことができます。

 

「こむら返り」は、誰にでも起こりうる比較的一般的な、ふくらはぎのけいれんですが、そのほとんどは、病的な原因を持たない症状です。しかし中には、こむら返りという症状に重い病気が隠れているケースがありますので、十分、注意が必要です。

「こむら返り」の症状が見られる病気の代表的なものに、糖尿病があります。糖尿病は、近年、生活習慣病として現代人が最もかかりやすい病気の1つとして知られていますが、症状が悪化すると、さまざまな症状が現れます。「こむら返り」もその1つで、手足が痺れたり疼痛といった症状が併せて発症することがあります。これは、糖尿病に関連する神経障害によるもので、末梢神経の働きが悪くなり、四肢が痺れたり、痙攣やマヒを起すことがあります。この症状に関連して、自律神経障害が起こると、立ちくらみや、便秘などの症状が見られます。

しかしこれらの症状は、特に健康に問題がない場合でも、日常的に起こりうる症状のため、最初はあまり本人も気がつかず、放置してしまう可能性があります。そのため、糖尿病に見られる他の症状、例えば、のどが乾く、飲み物をいつもよりも多く飲んでしまう、尿の量が多いなどといった状況をひんぱんに自覚するようであれば、糖尿病であることを疑い、医師の診察を受けることをお勧めします。「こむら返り」は、それらの糖尿病特有の症状を見つけるための、1つの布石になりうると理解しておくと良いでしょう

「こむら返り」という症状は、ふくらはぎの筋肉が緊張してけいれんを起すものですが、食生活の乱れによって起こる可能性があります。特に「ビタミンB1」が不足すると、こむら返りを起しやすくなります。

ビタミンB1という栄養素は、チアミンとも呼ばれますが、人間が生きていく上で非常に重要なものです。主に、肉類や胚芽、豆類、緑黄色野菜、牛乳などに多く含まれ、一日の必要摂取量は、成人男子で1.1ミリグラム、成人女性で0.8ミリグラムとされています。ビタミンB1が不足すると、身体の神経系の器官に働きに影響が出て、脚気や神経炎などを起します。この神経炎関連の病気の一症状として、こむら返りが挙げられます。こむら返りは、普段の生活で良く起こる症状ですので、あまり気にとめていない人も多いようですが、あまりにも頻繁に起こるようであれば、食生活を改善するよう心がけると良いでしょう。

ビタミンB1は水溶性、つまり水に浸けると栄養素が溶け出してしまう性質がありますので、調理方法に一工夫する必要があります。せっかく大切な栄養素が含まれている食品を食べているつもりでも、実はあまりビタミンB1が食べた物の中に残っていなかったということになりかねません。例えば、胚芽がついたままの玄米を炊く時は、少ない水で手早く研ぐようにするとか、じゃがいもは、茹でずに蒸したり、加熱ができるビニール袋に入れて電子レンジで加熱すると良いでしょう。上手に調理して、こむら返りに効果があるビタミンB1を効果的に取り入れてください。

 

肩こり腰痛などの痛みにお困りの方は当院へご連絡下さい
〒367-0052
埼玉県本庄市銀座3-3-22
℡0495-23-1477
なかむら接骨院
本庄市内で往診対応・本庄市で送迎相談いたします
首・膝・肩コリ・腰痛・スポーツ傷害なんでもご相談下さい

こむら返りが症状の1つとして起こりやすい病気の1つに、甲状腺の病気があります。甲状腺とは、身体の内分泌器官で、甲状腺ホルモンなどのホルモンを分泌しています。のど仏の下にあたる位置にある、蝶が羽を広げたような形の非常に小さな器官です。この甲状腺に関係する病気にかかると、神経器官にも影響が出るため、こむら返りを起すことがあります。

甲状腺ホルモンは主に、発育を促進したり、身体の新陳代謝を活発にしたりする働きを司っています。甲状腺ホルモンの分泌に異常をきたすと、身体が疲れやすくなったり、免疫力が落ちて風邪をひきやすくなったり病気にかかりやすくなったりします。甲状腺の病気と一口に言っても、その種類はさまざまで、症状も異なります。甲状腺ホルモンが過剰に分泌されてしまうバセドウ病や、逆に甲状腺ホルモンが不足した状態になる橋本病などが良く知られています。

こむら返りは、甲状腺の病気に関連して起こりやすい症状の1つではありますが、もし他にも気になる症状が併せて見られるようであれば、医師の診断を受ける必要があるでしょう。こむら返りがひんぱんにあって甲状腺の辺りが腫れているように感じるからと言って、すぐさま病気であるとは限りません。腫れていても深刻な病気ではないケース、また逆に腫れていなくても重篤な症状が起こっている可能性もあります。また、痛みや腫れといった症状が特に見られないこともあります。こむら返りという症状を1つの目安として、医師の診察を受けましょう。

 

身体を支えている重要な部位、腰部分の異変から、こむら返りが起こる可能性もあり、変形性腰椎症もそれに該当します。この変形性腰椎症は、加齢と共に腰を支えている骨の間の椎間板、つまりクッション的な役割を果たしている部分が弾力性を失い、次第に骨同士がぶつかり合うようになることで発症します。だいたい40歳代以降から起こると言われ、腰の周辺に鈍痛を感じたり、こむら返りを起したりします。一般的には、動作を始める初期段階で強い痛みを感じ、動いていれば次第にラクになってきます。変形性腰椎症による「こむら返り」の症状は、腰から下の筋肉が硬直することによるものです。

この変形性腰椎症は、必要部位をエックス線写真で撮影すれば、すぐに診断することができます。基本的には老化が原因で起こる症状ですので、手術をすることはほとんどなく、痛み止めなどが処方される程度です。そうは言っても慢性化すると日常生活で動くことがおっくうになってきますので、できるだけ症状が悪化しないよう、普段から腰の周りの筋肉を鍛えるように心がけたり、椎間板が必要以上に水分を失わないよう身体の中の保湿効果を高める栄養素が入った食品を摂ったりすると良いでしょう。

こむら返りや腰痛は、言ってみれば身体にガタが来ているというサインでもありますので、たかが「こむら返り」と思って軽く見ないで、日頃の食生活を見直したり適度な運動をしたりするなど、生活習慣を改めて、健康な毎日を送ることができるよう心がけましょう。

肩こり腰痛などの痛みにお困りの方は当院へご連絡下さい
〒367-0052
埼玉県本庄市銀座3-3-22
℡0495-23-1477
なかむら接骨院
本庄市内で往診対応・本庄市で送迎相談いたします
首・膝・肩コリ・腰痛・スポーツ傷害なんでもご相談下さい

2014.06.26

下肢静脈瘤とは?

下肢静脈瘤は良性の病気ですので、治療せずに放置しがちの方もいらっしゃるのですが、下腿色素沈着や潰瘍形成など重い症状に発展するケースも多いため早期発見、早期治療が重要となります。

下肢静脈瘤の症状

下肢静脈瘤は血管が膨らむだけでなく、痛み、体のだるさ、むくみ、かゆみ、こむら返りなどを誘発させますので日常生活にも支障をきたす場合も多く、早期の治療をお勧めいたします。

症状の割合

下肢静脈瘤ができるメカニズム

血液の流れ
足にはきれいな血液を運ぶ動脈と、汚れた血液を運ぶ静脈があります。動脈は心臓から足元へ血液が送られるのに対して、静脈は足元から心臓へ向かって血液を戻します。
正常な弁
血液の循環をスムーズに行うため、静脈の血管の中には「ハ」型の弁がついており、血液の逆流を防いでいます。
弁の機能不全
ただし、血液の逆流を防止する弁が何らかの影響で、機能不全に陥った場合、血液は正常に流れることができず、逆流をしてしまいます。
下肢静脈瘤
弁の機能不全による血液の逆流作用により、血管内に血液がどんどん溜まってしまいます。その為、血管が太くなってコブのように盛り上がり、皮膚の上からもわかるほど見た目にもはっきりと血管が表面に浮かび上がります。

下肢静脈瘤の種類

網目状静脈瘤 画像網目状静脈瘤
網目状静脈瘤は、直径が2~3mmの細い静脈瘤が網の目のように広がって見えます。
伏在静脈瘤のように大きな盛り上がりはなく、
主に太ももや膝の裏側などに多く見られます。
クモの巣状静脈瘤 画像クモの巣状静脈瘤
クモの巣状静脈瘤とは、赤紫色の細い血管が皮膚に浮かび上がり、
まるでクモの巣のように見えます。
クモの巣状静脈瘤は、皮下直径1mm以下の細い静脈に起こる静脈瘤の症状です。
伏在静脈瘤 画像伏在静脈瘤
足を通る静脈の中で伏在静脈は一番大きな静脈です。
そのため、伏在静脈瘤は発症すると皮膚の表面からもはっきりわかるほど、大きく血管が浮かび上ります。下肢静脈瘤の中ではもっとも発症しやすく、また徐々に悪化していくため、経過に注意し、場合によっては早期治療が必要となります。足がだるく感じたり、疲れやすくなる等の症状が現れ、進行具合によっては、手術等の外科治療が必要となる場合もあります。


 

どんな人がなりやすいのか?

日本人の2人に1人が下肢静脈瘤

血液の流れ
下肢静脈瘤の要因のほとんどが遺伝的体質によって影響されます。両親が静脈瘤だと約90%、片親が静脈瘤だと45%の割合で発症します。
正常な弁
妊娠、出産などでホルモンバランスが崩れた際、下肢静脈になりやすいです。出産の経験が多い方は注意が必要です。
弁の機能不全
長時間の立ち仕事や、デスクワークの方にみられる傾向ですが、長時間同じ姿勢でいると足の循環が悪くなり下肢静脈瘤になりやすくなります。

2014.06.19

交通事故

交通事故治療

交通事故のお悩みは、全て当院にお任せ下さい!

当院は、交通事故後遺症の治療はもちろんのこと
交通事故にまつわるご相談にも的確に対応する事ができます

このような事例に対応可能です。

 

交通事故後この様な症状が出ていませんか?

  • むちうち
  • 頭痛、吐き気、めまい
  • 手先、足先のしびれ
  • 腰の痛み
  • 膝の痛み
  • 背中の痛み

上記のうちひとつでも症状を抱えておられるようでしたら、継続的に治療が必要となります。

交通事故によるケガは後遺障害が残りやすいケガが多いため、安易に考え放置してしまうと大きな障害を被ってしまう可能性がございます。

現在、他の病院(整形外科・接骨院等)に通院されている方でも転院は可能です

交通事故治療に関する豆知識

「自賠責保険」とは?

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)とは、公道を走るすべての自動車やバイク(原付含む)に加入が義務づけられており、一般に「強制保険」と呼ばれています。交通事故の被害者が、泣き寝入りすることなく最低限の補償を受けられるよう、被害者救済を目的に国が始めた保険制度です。

被害者の保護を目的としているので、本来は保険の契約者である加害者が保険金の請求を行うのですが、被害者も自賠責保険に対して請求できます。被害者が請求を行う場合は保険金の請求ではなく損害賠償の請求と呼ばれますが、被害者にとっては同じ金額が補償されます。

治療費について

示談をする前であれば、患者さまの負担はありません。実費0円です。

保障について

1. 治療費
2. 交通費 (公共交通機関、タクシー、有料駐車場、 自家用車のガソリン代、etc)
3. 休業損害費 (自賠責保険基準で1日5,700円~19,000円要証明)

治療期間について

平均的な治療期間は3ヶ月~4ヶ月。 これはケガの程度や事故の種類によっても違います。 当院の見解を申し上げますと、比較的早い方で1週間~10日で症状は70%~80%減少します。 しかし、症状が軽減した=治癒とは言いません。治療が中途半端であったため、後々後遺症が残る方が大変多いです。交通事故治療で大事なことは「少しでも早く治療を開始すること」「症状にあわせた治療法で最後まで治療しきること」です。

慰謝料について

交通事故の被害者になってしまった方には、必ず慰謝料というものが発生致します。交通事故が原因により経済状況・生活環境の問題を生じることが考えられるため、それを補うためお支払いされるものです。

具体的な算定としては、

総治療日数×4,200円。 または、(通院実日数×2)×4,200円

の、どちらか少ない方となります。

 

2014.06.15

肩こり腰痛の原因

肩こり・腰痛の原因

Q.肩こり・腰痛って、なぜ慢性化したり、ぶり返したりするの?A.それは、肩こり・腰痛をくり返す悪循環があるためです。

筋肉・血管・末梢神経などが互いに影響し合いながら、しつこい肩こり・腰痛を起こす「悪循環の輪」があります。
肩こり・腰痛の改善には、この悪循環に対処することが必要です。

肩こり・腰痛を繰り返す「悪循環の輪」 筋肉の硬直:同じ姿勢を続けていると、筋肉が収縮して硬くなり、張りやコリを感じる。 血行不良:筋肉が硬くなると、血管が圧迫され、血行が悪くなる。 末梢神経が傷つく:硬くなった筋肉が末梢神経を傷つける。 痛み物質発生:末梢神経の傷や血行不良によって痛みを感じる物質が発生する。 痛みの感知:脳が痛みを感知すると、反射的に痛みが起こっている場所の筋肉をさらに収縮させる。 繰り返す肩こり・腰痛の改善にはこの悪循環を断ち切ることが大切です。

コリの3大原因

仕事の後は肩が重い。そのワケは?

筋肉疲労
筋肉は疲れると硬くなります。
1日中のデスクワーク、長時間の運転で、肩こり・腰痛を感じたという経験はありませんか?
そんな時、筋肉の中では酸素が不足し、乳酸等が作られています。すると筋肉は硬くなり、コリやだるさを感じるのです。
つまり、同じ姿勢を続けたり、特定の筋肉ばかり使い続けることが、コリの原因の1つです。

血のめぐりも肩こりに関係している?

血行不良
血行不良は筋肉をさらに硬くする原因になります。
入浴やマッサージで肩こり・腰痛がラクになることはありませんか? 血のめぐりが良くなると肩こり・腰痛も改善される。このような肩こり・腰痛の原因としては、血行不良が考えられます。
疲れて硬くなった筋肉が近くを通る血管を圧迫し、血のめぐりを悪くしてしまいます。すると筋肉の中に発生した乳酸等が流れていかず、筋肉内にたまってしまいます。
また、筋肉にとどく酸素の量も減り、さらに乳酸が作られ、筋肉が硬くなります。そうすると、ますますコリを感じるようになります。

こるところがいつも同じなのはなぜ?

末梢神経の傷
そこの末梢神経が傷ついているからかもしれません。
もんでもよくならない、ジーンとする、いつも同じところがこる、そんな経験はありませんか?そのようなコリの原因には末梢神経(*)の傷が考えられます。
疲れて硬くなった筋肉や、たまった乳酸等の刺激によって、近くを通る末梢神経は圧迫されたり、傷ついたりします。
末梢神経は、それ自体が痛みやしびれを脳に伝える神経であるため、圧迫されたり傷つくと、その場所がジーンとしたり、違和感が生まれたりします。
それがコリや痛みとして感じられるのです。
(*)末梢神経は、脳や脊髄以外の全身に張りめぐらされた神経のことです。

痛みは筋肉からの注意信号です。

発痛物質の発生

「いつものコリが痛みに変わった」、「つらい痛みで家事に集中できない」という経験はありませんか?
例えば、デスクワーク、車の運転、家事など、同じ筋肉に負担をかけ続けると、筋肉内では酸素が足りなくなり、そんな状態の筋肉には「乳酸」がたまってきます。 この乳酸がきっかけとなり、発痛物質や、痛みを感じやすくするプロスタグランジン等の物質が発生します。その刺激が痛みの信号となり、神経を通じて脳に伝わって、痛みとして感じられるのです。

ビタミンB1ってどんな成分?

筋肉のエネルギーを生み出すビタミンです。

ビタミンB1には、食事で摂取した糖質を、筋肉などに必要なエネルギーに変える働きがあります。
筋肉の使いすぎで負担をかけると、乳酸がたまり、硬くなったり張った感じがします。ビタミンB1はそのような筋肉の疲労を回復させる働きをもっています。

    • ビタミンB1
    • ……ビタミンB1
    • 糖質
    • ……糖質
ビタミンB1には、食事で摂取した糖質を、筋肉などに必要なエネルギーに変える働きがあります。

ビタミンEってどんな成分?

血行を良くするビタミンです。

ビタミンEには、血液の成分である赤血球や、血管などを柔らかく保つ働きがあり、この働きによって血行が改善されます。血行が良くなると筋肉にたまった乳酸等が運び出され、筋肉に酸素と栄養をとどけられるため、筋肉の硬直=コリがやわらぎます。

    • ビタミンE
    • ……ビタミンE
ビタミンEには、血液の成分である赤血球や、血管などを柔らかく保つ働きがあり、この働きによって血行が改善されます。

活性型ビタミンB12ってどんな成分?

末梢神経の傷を修復するビタミンです。

活性型ビタミンB12は、傷ついてしまった末梢神経(※)を修復する働きがあります。
末梢神経はたんぱく質とリン脂質という成分でできており、傷ついた時の修復には、これらの成分を補う必要があります。
活性型ビタミンB12はたんぱく質とリン脂質の合成を促進し、末梢神経の傷を修復します。
(※)末梢神経は、脳や脊髄以外の全身に張りめぐらされた神経のことです。

    • 活性型ビタミンB12
    • ……活性型ビタミンB12

葉酸ってどんな成分?

神経修復に必要なたんぱく質の原料になるビタミンです。

葉酸はビタミンBの一種で、活性型ビタミンB12の働きを助ける働きがあります。傷ついた末梢神経を修復するには、それを構成している成分である、たんぱく質を補う必要があります。このたんぱく質が作られるときに必要となるのが葉酸であり、活性型ビタミンB12が末梢神経の傷を修復する際に利用されます。

    • 活性型ビタミンB12
    • ……活性型ビタミンB12
    • 葉酸
    • ……葉酸
葉酸はビタミンBの一種で、活性型ビタミンB12の働きを助ける働きがあります。
活性型ビタミンB12は、傷ついてしまった末梢神経を修復する働きがあります。

普段の生活で注意すること(肩こり編)

普段の生活で注意すること

肩こりは予防が第一です。肩こりの人は日常生活をふり返ってみてください。「だから肩がこったんだ」と思い当たることがきっとあるはずです。年をとれば首の骨が老化して肩こりは誰にでも現れます。しかし、その程度をできるだけ軽くするためにも、今すぐ肩こりを予防する生活を始めましょう。

運動不足

机にばかり向かっていて運動をしなかったり、車にばかり乗っていて歩かなかったり、もともと運動をすることがきらいだったりすると、肩がコリやすくなります。

悪い姿勢

悪い姿勢

うつむき姿勢で長時間パソコンにかじりついていたり、寝ころんで本を読んだり、背が高いことを悩んでネコ背になったり、逆に、ネコ背を直そうとして胸を張りすぎたりしていませんか?
悪い姿勢と運動不足が続くと、肩こりになりやすく、治りにくくなります。毎日、意識して、正しい姿勢を身につけるように努力しましょう

目の使いすぎ

目の使いすぎ

暗いところで本を読んだり、テレビを見すぎたり、メガネの度が合っていなかったりする場合、目はとても疲れてしまいます。
目の疲れは、肩や首の筋肉の緊張を引きおこし、肩こりを呼びます。
目を1分ほどじっと閉じているだけでも目は休まります。とくに細かい文字などを見続ける仕事の人は、よく目を休ませてください。

過度の運動

自分の限界以上の運動は肩を痛めることが多いものです。何事も「過ぎたるは及ばざるがごとし」と肝に銘じて、過度にならないようにしてください。

ストレス

ストレス

悩み事があって寝不足が続いたり、仕事がうまくいかずストレスがたまったりしておこる肩こりは、そのストレスが原因です。しかし、現代社会はストレスの連続です。
上手に発散させたいものですが、徹夜マージャンや長距離ドライブなど、同じ姿勢を長時間続けるようなものはストレスは発散されても肩こりは治りません。

疲労

肩こりに限らず、疲労は、あらゆる病気の源です。その日の疲れはその日のうちにとりましょう。

太りすぎ、やせすぎ

太りすぎの人は背骨にかかる負担が大きく、運動不足にもなりやすくなります。また、やせすぎの人には筋骨の弱い人が多く、猫背になりやすくなります。

靴、ハイヒール

足に合わない靴やハイヒールは、肩こりや腰痛のもとになります。

普段の生活で注意すること(腰痛編)

普段の生活で注意すること

腰痛の原因は、なかなかわかりにくいものです。
しかし、冷静に日頃の生活をチェックしてみると、腰痛の原因になるさまざまな悪条件のもとで暮らしていることに気づくはずです。
次のチェック項目の中に思いあたるものがある人は、さっそく改善して、腰痛対策の第1歩を踏み出してください。

運動不足

運動不足

現代は、ネコもシャクシも運動不足の時代です。しかし、イヌやネコは四つ足動物なので、二本足で歩く人間と違い、腰痛はありません。いわゆる文明の利器の登場で、便利といわれる世の中となったことと引き換えに、重労働が激減し、日常生活でも腰に負担のかかる作業が不要になったために、現代人の腰はとても弱くなっています。

悪い姿勢

悪い姿勢

腰痛の人には、姿勢の悪い人が多いものです。特に、立っている時よりは座っている時の方が腰にかかる負担が大きいので、一日中デスクワークを余儀なくされる人や、車の運転手などの職業の人は十分に注意を払う必要があります。

肥満

肥満

太っている人は、腰にかかる負担が標準体重の人より大きいので、それだけ腰痛を起こしやすくなります。また、肥満のため運動不足になりやすく、腹筋が弱くなってますます腰痛になりやすくなります。

過度の運動

若者のギックリ腰の大半は筋・筋膜症か椎間板ヘルニアです。椎間板は若い頃から老化するので、スポーツや労働などで限界を超えた力が加わると、筋肉が疲れ果てて腰痛を起こしてしまいます。

車社会

歩いてもわずかな距離なのに、つい車に頼ってしまいがちな私たち。足に合った靴をはいて、できるだけ歩きましょう。

ストレス

ストレス

現代人に増えているのが、ストレスによる腰痛です。肉体労働者よりもデスクワークの管理者に腰痛が多いことが明らかになっています。ストレスが腰痛に輪をかけているようです。

疲労

疲労

腰痛に限らず、疲労は、あらゆる病気の源です。

立ちづめの仕事

美容師、ウエイトレス、教師など一日中立ちづめで働く人は、腰への負担が大きく腰痛を起こしやすくなります。

靴、ハイヒール

女性のハイヒールは、おしりを突き出した姿勢になるので腰に大きな負担になります。また、足に合わない靴を無理してはいていると、腰痛を起こしやすくなります。

2014.06.15

睡眠時の姿勢

肩こり改善法

睡眠時の姿勢

睡眠時の姿勢

肩こりは、人類が二本足で歩くようになった代償だといわれています。重い頭を首で支えなければならなくなったため、横になって休んでいるとき以外は、首に大きな負担がかかり続けるようになりました。
食事をしたり、お酒を飲んで楽しく過ごしたりしている時も、マージャンやゲームに興じている時も、首や肩の周囲の筋肉はいつも緊張し、必死になって頭を支えています。肩こりを治すためには、この緊張をといてあげなければなりません。
その最も簡単な方法は、横になって安静にすることです。そして、頭の重さから首や肩を解放してあげるわけです。実際、軽い肩こりや若いうちの肩こりなら、リラックスして一晩ゆっくりと眠っただけで、楽になることが多いものです。

枕は首の骨が安定するものを選ぶ

枕は首の骨が安定するものを選ぶ

一日のうち3分の1は眠っているのですから、睡眠時間を有効に使って首や肩の筋肉に休養を与えましょう。
そのためには、枕を選ぶことが大切です。枕は頭をのせるもの、という発想から、首の頚椎を安定させるものであるという発想に切りかえてください。
首の骨は、わずかに山型にカーブしています。この自然なカーブにそって自在に変形してくれる枕を、頭の下ではなく首の下に入れて休みます。フワフワの枕や、大きすぎたり高すぎたりする枕、固すぎる枕は、よくありません。昔ながらのソバガラ枕では、直径8cmほどで、幅は、肩幅より1~2cm大きめの円筒形のものが最適です。

敷き布団は少し固めのものを使う

布団は、少し固めのものを用います。やわらかいマットレスや布団は、横になった時に、おしりと背中が沈みすぎて、背骨や首の自然なカーブを損ない、かえって肩こりや腰痛の原因になります。また、肩や首を冷やすと肩こりがひどくなるので、寒冷期には肩や首を冷やさないようにして寝ましょう。普通のかけ布団ではどうしても冷えてしまうので、えりまきなどで保温するか、かいまきを用いるとよいでしょう。

2014.06.15

入浴による肩こり改善

効果的な入浴方法

お風呂に入ると全身の血行がよくなるために大変効果的です。

お風呂の入り方

肩こりの人は、ぬるめの湯にゆったりと首までつかって温まるのが一番です。汗が出てくると、体の芯まで十分に温まっています。湯あがりに、こっている部分に45度前後の熱めのシャワーを勢いよくかけると、さらに血行がよくなります。
また、コリがひどい時は、シャワーの交代浴もよく効きます。まず、40~42度のシャワーを2~3分浴びてから17~20度のシャワーを2~3分浴びます。これを5~6回繰り返し、最後にお湯を浴びます。
また、肩のうっ血は夜より朝のほうがひどいので、できれば朝晩2回の入浴をおすすめします。

湯船の中でする体操

まず、手足の指先をよくもみましょう。特に、痛みがある指はていねいにもんでください。次に、肩関節をグルグル回す、肩を後ろに引き、次に前に出す、肩の上に片手をのせ、力を入れて肩をもち上げる、肩の後ろに片手を置き力を入れて肩を後ろへ引く、肩の前に片手を置き、力を入れて肩を前へ出す、などの体操を行います。
シャワーで交代浴をしている時も、肩関節を回したり肩の上下運動などを同時に行いましょう。

お風呂からあがったら乾いたタオルで体の水分を十分にふきとりましょう
入浴後の注意
せっかく温まっても、湯冷めをしては逆効果です。
特に、冬は脱衣所や浴室を前もって暖かくしておくことが大切です。水分が残っていると湯冷めするので、お風呂からあがったら乾いたタオルで体の水分を十分にふきとりましょう。肩や体を冷やさないように保温することもお忘れなく。

2014.06.15

マッサージ

肩こり改善法

マッサージ

マッサージが適する場合、適さない場合

マッサージをすると筋肉の緊張がゆるみ、血液循環がよくなります。これまで運動不足だった人が急にゴルフやテニスを始めて肩を痛めたなど肩こりの場合は、患部が赤くなったり熱をもつなどしています。そんなときはマッサージをしてはいけません。マッサージは炎症がとれたあとで行います。なお病気が原因でおこっている肩こりは、まず、その病気を治す治療を受けることが先決です。

マッサージの方法

マッサージは、腕→背中→肩の順に先端部から肩に向けて、血液を心臓に返してやるようなつもりで次のように行います。

(1)もむ
手のひら全体を使って筋肉をもみほぐします。くり返しおこる肩こりには腕をよくもむと効きます。親指と4本の指で手首のあたりをつかみ、肩に向けて、内側、外側の筋肉を十分にもみほぐします。
背中と肩は、治療を受ける人はうつぶせ、行う人はその腰あたりに立てひざになり、腰のあたりの背骨の両側の筋肉に両手のひらを指先をすべて開いてピタリとつけ、手のひら全体で筋肉を大きくつかむようにもみます。1ヵ所に4~5回ずつ、肩に向けて同様に行います。
肩は、親指と4本の指で肩全体をつかみ、指の腹と手のひらに力を入れて全身でもみます。手首に力を入れるとうまくいきません。
(2)たたく
手を軽くにぎり、リズミカルにたたきます。腕は手首から肩へ向けて腕全体をまんべんなくたたきます。背中は、腰のあたりから肩へ向けて、両手で小刻みにトントンと波状にたたきます。最後に肩を軽くたたきます。

もむ、たたく、どちらの方法でもよく、30分ほど行えば血行がよくなり、効果的です。

2014.06.15

温シップと冷シップの使い方

肩こり改善法

温シップと冷シップの使い方

温シップは慢性的な肩こりに、冷シップは急性的な肩こりに

温めた方がいいか、冷やした方がいいかは肩こりの種類と症状によってことなります。
慢性の場合は温める、急性で炎症のあるものは冷やす、と覚えてください。
骨格的に正常なのに極端に肩がこるのは、ほとんどが筋肉の酸素不足です。姿勢が悪いことなどによって血行が妨げられているのです。筋肉に酸素を供給して血行をよくするためには、肩を温めます。がんこなコリで手がしびれるような時も、こっているところを温めます。夜、同じ姿勢で寝ていられないほどコリがひどい時も、とにかく温めて血行をよくし、筋肉をやわらかくしてやることが大切です。
ですから、一般的な肩こりには、普通は温める方法を用いればよいのですが、急激に肩を使ったため肩に炎症をおこしている急性の肩こりの場合には、最初にしばらく冷やすこともあります。冷やすことによって、炎症がしずまり痛みがやわらぐからです。しかし、冷やしたあとは、血行をよくして肩こりを治すために温める方法に切りかえてください。

温シップ以外で温める方法

(1)蒸しタオル
折りたたんだタオルの両端をもって熱湯につけ、適度に絞ります。電子レンジならすぐ作れます。冷えにくいように上をビニールでおおいますが、冷えたら温め直します。終わったら水分をよくふきとってください。
(2)ホットパック
熱湯で煮てから、タオルで包んで用います。30分ほど温かさが持続します。
(3)インスタントカイロ
手軽に、いつでもどこでも使えて重宝します。やけどをしないように布に包むか衣服の間にいれて用いてください。
ドライヤー
(4)ドライヤー
肌に直接当てるとチクチク痛いので、湯で温めたタオルをあてた上からかけます。

冷シップ以外で冷やす方法

(1)氷
冷蔵庫の角型の氷3~4個、水、塩をビニール袋に入れ、痛むところを小さく円を描くように10分ほどマッサージします。皮膚は摂氏12度以下になると凍傷をおこすので、冷やしすぎは禁物です。そのあと水分をよくふきとります。
(2)アイスパック
冷水に浸したタオルを絞って痛いところにあて、10分ほど冷やします。
なお、コリがひどく肩がパンパンに張っている時は、冷温シップを交互に行うと効果的に血行がよくなります。

2014.06.15

肩こり体操

肩こり体操

肩の疲労が積み重なると、肩こりになり、肩の筋肉が固くなって、
いつも肩が重く、だるくてたまらなくなります。

また、若い頃は一晩寝れば回復した肩こりも、25歳を過ぎて頚椎の椎間板が老化し始めると、椎間板本来のクッションとしての機能が弱まり、ちょっとしたストレスですぐに肩がこってしまうようになります。そして、椎間板の老化がさらに進むと、首すじから肩にかけて、いつも重くこっていて、筋肉が固くこわばってきます。このような肩こりを解消するには、毎日、体操をするのが効果的です。三日坊主では効果がなく、また、やったりやらなかったりというのも効果は半減するので日課にして続けましょう。

朝、夜行う体操

朝の肩こり体操は寝ている間におきた血行不良を解消します。
夜の肩こり体操は疲れのたまった肩の筋肉をほぐします。

[ STEP1 ]
肩を上げ下げする。腕はブラリとたらしたまま、両肩をもち上げ、力を抜いてストンと落とす要領で行う。
肩を上げ下げする。腕はブラリとたらしたまま、両肩をもち上げ、力を抜いてストンと落とす要領で行う。
[ STEP2 ]
両肩を後ろに引き、次いで前に出す。
両肩を後ろに引き、次いで前に出す。
[ STEP3 ]
肩で円を描くように、肩の前回しと後ろ回しを行う。
肩で円を描くように、肩の前回しと後ろ回しを行う。
[ STEP4 ]
両腕を上に振り上げ、後ろに振り下ろす。できるだけ真上まで上げ、最後も、できるだけ後ろへ振り下ろすこと。
両腕を上に振り上げ、後ろに振り下ろす。できるだけ真上まで上げ、最後も、できるだけ後ろへ振り下ろすこと。
[ STEP5 ]
両腕を大きく横に振り上げ、前に振り下ろす。
両腕を大きく横に振り上げ、前に振り下ろす。
[ STEP6 ]
両腕を前に伸ばした位置から水平に腕を開く。少しつっぱる感じがするまで十分に開くこと。
両腕を前に伸ばした位置から水平に腕を開く。少しつっぱる感じがするまで十分に開くこと。
[ STEP7 ]
腕を大きく前と後ろに交互に回す。
腕を大きく前と後ろに交互に回す。

イスに座って行う体操

仕事中や家事のあいまのリフレッシュにもなります。

[ STEP1 ]
右手で左の肩を押さえ、力をいれて左肩を上げ、ストンと落とす。右肩も同様に行う。
右手で左の肩を押さえ、力をいれて左肩を上げ、ストンと落とす。右肩も同様に行う。
[ STEP2 ]
両手の指先を曲げて引っかけ、左右に思いきり引っ張る。
両手の指先を曲げて引っかけ、左右に思いきり引っ張る。
[ STEP3 ]
手のひらを合わせ、力をいれて押しつける。
手のひらを合わせ、力をいれて押しつける。
[ STEP4 ]
右手で左手首をつかみ、左肩を外に回したり内に回したりする。右肩も同様に行う。
右手で左手首をつかみ、左肩を外に回したり内に回したりする。右肩も同様に行う。

効果:筋力を強化して肩こりをしない体質に改善するための体操です。朝・夜の体操に加えて行うと、より効果的です。

2014.06.15

マッサージ療法

マッサージ療法

マッサージ療法とは

マッサージ療法とは力学的方法で生体に作用する物理療法をいい、機械的刺激療法とも言われています。

マッサージには、一般に現在行われている療法では、4種類の方法があります。

機械的刺激療法

  1. 徒手によるマッサージ
  2. ローラー式マッサージ
  3. 水圧マッサージ
  4. 空圧マッサージ

 

マッサージ療法の生理学的作用

・ 皮膚及び皮下組織に対する効果

   皮膚を介しての触・圧刺激は、皮膚及び皮下組織に分布する毛細血管に対して活動的に

    作用し血管を拡張させる。

  このことは、皮膚の代謝を盛んにし皮膚温を高めることになる。

 

・ 筋組織に対する効果

   局所の循環改善がなされることで筋緊張の改善と筋組織における正常な代謝を促進する

   ことができる。

 

・ 神経系に対する効果    用いる手技などの強度と時間によりその効果は異なる。 強く長い場合は、抑制的・鎮静

   的に作用する。

   逆に、穏やかな刺激を短時間行った場合は、促進的・興奮的に作用する。

 

・ 循環器系に対する効果

   末梢血管に対して拡張性に作用することから局所も全身も循環機能の改善がなされる。

   原則としてマッサージは、当該部位の末梢から中枢に向けて施されるので、特に静脈系

   及びリンパ系の還流を改善する。 静脈性の浮腫やリンパ浮腫などに対して効果がある。

 

機械的刺激による局所循環改善機序の推測

理学療法MOOK5物理療法: 三輪書店より出展

 

ローラー式マッサージ

昭和38年ごろ、手技によるマッサージをヒントに開発。また、ほぼ同時期にアメリカのターナー社スパイナレータが日本に輸入されたのが始まりです。業務用では、ローラー移動式、ローラー固定式、回転ローラー移動式の3方式及びこれらの複合式が用いられています。

1.  ローラー移動式

   体の位置は変わらず、ローラー部が台車にのり

   前後に移動する。

 

ローラー移動方式のもの

 

 

 

 

2.  ローラー固定式

   ローラーを一定の位置に固定し、体を移動させる。

 

体を移動させる方式の構造

 

3.  回転ローラー移動式

      三叉ローラーを回転させながら移動するもの。ロー

    リングマッサージとも言われる。

 

回転ローラーを移動させるもの

 

三叉ローラー採用 ローラーマッサージベッド

PH-P200F フロンティアF200

 

現在は、ローラー移動式と回転ローラー移動式の複合型が主流です。

 

 

4.  ローラー式マッサージによる効果

  ローラー式マッサージの効果には、次のような効果があるとされています。

  ・ 体液循環効果

     体表に押圧されたローラーが、ゆっくり移動することでその部分の体液が押し流され新

     しい体液が流れ込んでくる。ポンピング効果がある

  ・ 牽引効果

     ローラーが押圧しながら脊椎に対して並行に移動するので、この波状運動が牽引効果

     を発生させている。

 

水圧式マッサージ

ラバーマットの下から噴き上げる水流で、全身をマッサージする。刺激の素材に「水」を利用しているため、柔らかくそして力強い刺激感と水に浮いたような感覚を得られるのが特徴。

水を浸した層から吹き上げるウォーターベッド方式と直接吹き上げるダイレクトジェット方式の2種類がある。

1.  ダイレクトジェット方式

  ・ 水自体の刺激が直接伝わるので比較的強い刺激を与えることができる。

    マイクロバイブレーション(微小振動)効果を直接人体に伝えることができる。

  ・ 連続刺激を行った場合、水の持つ特性により、1/f揺らぎ特性が出ている。

 

PH-8300アクアラグーン

 

 

 

 

2.  ウォーターベッド方式

  ・ 貯水槽の下から水が噴出するので刺激が弱くなる。

  ・ 貯水槽の上に人体が横たわるので、船酔いする可能性がある。

  ・ 直接方式より音が静かである。

 

水圧式とローラー式とを比較した場合、ローラー式ではゴム製のローラーを体に押し当ててマッサージするので、高齢の患者さんや脊椎を痛めた患者さんに対しては刺激が堅すぎて逆効果になってしまう恐れがあります。その点、水圧式マッサージでは、”水”には形がないので、脊椎を痛めた患者さんにも優しくマッサージすることができます。

 

空圧マッサージ

カフに加圧、除圧を繰り返すことにより、筋運動(収縮、弛緩)と同じような作用を起こさせ静脈血とリンパ液の環流を促進させることにより、血行促進、疲労回復、筋肉の疲れ、こりをほぐすマッサージ効果や、乳ガン手術後の上肢の浮腫、子宮ガンの手術に伴う原発性のリンパ浮腫や、下肢の続発性浮腫、外傷、骨折に合併する四肢の浮腫を改善させます。そのほか、冷え、痺れ感などの諸症状を軽減することができる。

最高加圧力は、人体の静脈圧力(80~90mHg)以下に設定する必要があります。これ以上の圧力をかけると(特に遠心性の)血流を阻害する恐れがあるため注意しなくてはなりません。

EXM-12000エクセレントメドマー

 

 

 

PM-8000フィジカルメドマー

 

DVT(Deep Venous Thrombosis:深部静脈血栓症)の予防と空圧マッサ-ジ

下肢静脈の心臓への還流は、下肢の筋肉のポンプ活動により行われます。しかし、手術などで、長時間下肢の筋活動がなくなると、下肢静脈に血栓が起こりやすくなり、いわゆるDVTが発症することがあります。肥満体系、糖尿病、高脂血症などの患者は、要注意です。発症後、安静時を過ぎ、急に下肢の筋活動が始まると、その血栓が還流され肺に運ばれ、肺動脈がつまり、死に至ることがあります。これは、肺塞栓症と呼ばれています。

また、海外への飛行機による旅でも、長時間狭い場所で座りっぱなしでいると機外に出たときに肺塞栓症を起こしやすいと言われています。これは、エコノミークラス症候群といわれています。機内は、20%程度の湿度に保たれているため、乾燥しており、脱水症状が起こりやすく、さらに機内でのビールなどの種類の取得は利尿作用があり逆に脱水症状を起こしやすいといわれています。

DVTの予防には

手術中、または術後すぐから、DVT予防専用の空圧マッサージ器を用いて、下肢静脈の血流還流を促進し、血栓を起こさないようにする必要があります。

DVT予防専用の空圧マッサージ器と通常の空圧マッサージ器との違いは、下記のとおりです。

・ カフが滅菌可能な材質である。

・ 最大圧力を60mmHg程度にし、連続運転のみ。

  (高い圧力は、手術の妨げになる。)

・ 停電時、電源停止時に異常ブザー等、警告を知らせる

     機能がある。

・ 作動音が静かである。

 

 

DVT予防専用機器 メドマーDVT-2500

禁忌事項として、DVT予防用マッサージ器は、DVTを起こしている症状の方には使用してはいけません。肺塞栓を起こす可能性があります。